2015年、ユネスコの世界遺産リストに23の構成資産から成る「明治日本の産業革命遺産」が登録された。鹿児島の旧集成館や長崎の端島炭坑など九州内にも多くの構成資産が点在しているが、ここで注目したいのが佐賀市諸富町・川副町にある「三重津海軍所跡」。
この地では幕末期に西洋式の蒸気船を建造しており、土の中から当時のままの木製の西洋式ドライドックが発見されている。時代の転換期において、この遺構は近代化にどう関わったのか。
また日本国内だけでなく世界遺産としてその価値を認められた理由とは。歴史の物語を紐解いていこう。

世界遺産「明治日本の産業革命遺産」
世界が認めたその価値とは

岩手から鹿児島まで8県11市に点在する23の資産で世界遺産の価値を共有している「シリアル・プロパティ(関連性のある遺産群)」 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、岩手から鹿児島まで8県11市に点在する23の資産で世界遺産の価値を共有している「シリアル・プロパティ(関連性のある遺産群)」。日本の歴史において、江戸時代の終焉と明治時代の始まりは最も大きな転換期だと言える。700年近くに亘り続いてきた武家政権が崩壊し、西洋式の技術や制度を取り入れ、近代国家への道を歩み始めた時代。その極めて重要な時期を時系列で伝える遺産が「明治日本の産業革命遺産」であることに間違いはない。しかし、何故それが世界基準の価値があることなのか疑問に思う人も多いだろう。
世界遺産の登録に必要な「顕著な普遍的価値」とは、世界遺産の評価基準10項目のいずれか1つに合致していること、レプリカではない真実性があり形状を残している遺構である事などが挙げられる。明治日本の産業革命遺産の場合、重要視されたのは、非西洋国である日本が、西洋技術を取り入れながらも、それを基に試行錯誤を繰り返し、従来存在した日本の技術をもって産業化の基盤となる製鉄を行った点だ。さらに製鉄の始まりから約50年という短期間で産業化を達成したこと。そして繊維工業などの軽工業から鉱業・製鉄、造船といった重工業に舵を切り、現代の日本へと繋がっていく。

欧米列強の科学技術に負けない日本へ
佐賀藩に三重津海軍所が生まれた理由

幕府が外国との交流を制限して200年。欧米列国の優れた科学技術は、日本が閉ざした扉のすぐ目の前にまで届いていた。大海を物ともしない大型船、統率された強固な軍隊…。
1840年に起きたアヘン戦争では、アジア一の大国・清がイギリスに大敗を喫した。欧米列国による植民地支配や経済的支配は、もはや対岸の火事ではない。
危機感を募らせた幕府や一部の藩主らは、諸外国に対抗でき得る鉄製大砲の鋳造に欠かせない製鉄の実現を目指す。

長崎県の三菱長崎造船所 第三船渠(現在)

「明治日本の産業革命遺産」。各資産が語る、製鉄、製鋼、造船、石炭産業において急速な産業化を成し遂げた歴史を、時系列で知ろう。
写真は長崎県の三菱長崎造船所 第三船渠/写真提供 三菱重工(株)長崎造船所(非公開施設)

『築地反射炉絵図』公益財団法人鍋島報效会所蔵

長崎警備から海防の意識を強くもった佐賀藩は築地(ついじ)に反射炉を建設。
『築地反射炉絵図』公益財団法人鍋島報效会所蔵

『ペリー提督の横浜上陸』名城大学図書館所蔵

幕府だけでなく日本中が欧米列国との科学技術の差を目の当たりにした。
『ペリー提督の横浜上陸』名城大学図書館所蔵

その一人が佐賀藩十代藩主・鍋島直正だ。佐賀藩は福岡藩と交代で日本唯一の外交窓口である長崎港の警備に当たっていたことから、西洋の情報を入手しやすい状況にあったのだろう。直正は海防警備を強化するべくいち早く西洋式鉄製大砲の鋳造を目指し藩内に反射炉を建設させた。大砲の鋳造にあたっては西洋から技術者を呼ぶなど、そのまま西洋技術を転用するのではなく、蘭学の書物を翻訳し日本古来の技術と組み合わせ試行錯誤を繰り返し、1852年に鉄製大砲の鋳造に成功。さらに幕府が長崎に創設した「長崎海軍伝習所」に多くの藩士を派遣し洋式船の造船や操舵の技術を学ばせている。
海軍伝習所が閉鎖した後、佐賀藩は独自に海軍教育を続けるため、佐賀城から近く長崎への往来がしやすい早津江川沿いに、1858年に「三重津海軍所(御船手稽古所)」を設立。伝統的な土木技術を活用したドックの運用や、日本初となる実用蒸気船「凌風丸」の建造に成功した。欧米列国と対等に向き合える強い日本へ。転換期への第一歩がついに踏み出された。

12月号(11月15日発行)の内容

次号からは、佐賀県三重津海軍所跡の秘密に迫ります。
設立の背景と、佐賀藩の科学技術について、脳科学者の茂木健一郎氏と元appleエンジニアのダグラス・ウェバー氏が熱く語り合います。

アンケートプレゼントキャンペーンご応募はこちら

一覧へ戻る

モデルコース

三重津-発見旅

三重津海軍所跡 アンケートプレゼントキャンペーン