世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ「三重津海軍所跡」。オランダ海軍の協力を得て西洋式海軍の伝習を行っていた長崎海軍伝習所。その舞台となった長崎に、三重津海軍所の原点を探した。

長崎海軍伝習所、長崎製鉄所の開設

 わが国における産業化の大きなターニングポイントとなったのは、長崎造船所の操業開始だろう。長崎造船所は、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産・小菅修船場跡などを有する三菱長崎造船所の前身であり、長崎が近代日本における重工業発祥の地と言われる理由でもある。創業は1857年としているが、これは長崎造船所の前身である長崎製鉄所(鎔鉄所)の起工に基づく。江戸幕府によって長崎製鉄所が建設された目的は、同じく幕府が長崎奉行所西役所(旧長崎県庁舎跡)に開設した「長崎海軍伝習所」で使用する船の建造や補修を行うため。長崎海軍伝習所の総監であった永井尚志は国内に造船および修理所が必要なことを上申し、1857年、オランダ政府の協力を得て長崎鎔鉄所の建設に着手。

長崎製鉄所(文久3年・1863年) 三菱重工業(株)長崎造船所所蔵

長崎製鉄所(文久3年・1863年)
/三菱重工業(株)長崎造船所所蔵

長崎海軍伝習所跡地

長崎海軍伝習所跡地

 1860年、上棟式にあわせて長崎製鉄所と改称、1861年に完成した。佐賀に残る、「長崎海軍伝習所絵図」(公益財団法人鍋島報效会所蔵)に注目してみよう。昭和初期に描かれた考証復元図だが、長崎奉行所西役所に長崎海軍伝習所が描かれており、海には出島、その先に幕府がオランダから提供を受けた蒸気船・観光丸が黒煙を上げ、対岸には飽(あく)の浦(現在の長崎市飽の浦町)に置かれた長崎製鉄所の煙突が見える。

「長崎海軍伝習所絵図」/公益財団法人鍋島報效会所蔵

「長崎海軍伝習所絵図」
/公益財団法人鍋島報效会所蔵

専門知識を得た佐賀藩の活躍

 長崎海軍伝習所では、西洋式海軍の伝習を目的とし諸藩から伝習生を募り、蒸気機関の構造や西洋式海軍技術、航海術、運用術などの講義に加え、蒸気船を使った近海回航などの実践的な教育が行われた。そもそも日本では江戸時代初期から大船建造が禁止されていたことから、諸外国の主力艦である蒸気船に対する理解は極めて乏しかった。幕府はオランダ海軍の士官以下22名を伝習所の教官とし、勝海舟や榎本武揚ら幕臣を派遣し学ばせた。各藩からもおよそ130名の藩士たちが士官要員・兵要員として派遣された。なかでも最も多くの藩士を派遣したのが48名を送り込んだ佐賀藩だ。佐賀藩精煉方の責任者・佐野常民や、佐野の誘いで精煉方に招かれていた田中久重、石黒寛次らが名を連ねている。このことによって佐賀藩が西洋式海軍創設の重要性を、先見の明を持って理解していたことが分かる。長崎海軍伝習所での海軍伝習が始まったのは1855年。その後、2期4年に亘って伝習は行われた。ここで学ぶ佐賀藩士たちの熱心さはオランダ人教官を驚かせるほどであった。

「佐賀藩精煉方絵図」公益財団法人鍋島報效会所蔵

「佐賀藩精煉方絵図」
/公益財団法人鍋島報效会所蔵

 佐賀藩では伝習所開設前の1852年に精煉方を設置し、すでに蒸気機関の独自研究に着手している。1853年にプチャーチン率いるロシア艦隊4隻が長崎を訪れた際、幕府検使の同伴者として乗船した精煉方の中村奇輔が初めて蒸気機関車の雛型を目にしている。一説によると、この乗船は佐賀藩主鍋島直正による指示で行われたといわれる。

「蒸気船雛型(外輪船)」公益財団法人鍋島報效会所蔵
「蒸気船雛型(外輪船)」公益財団法人鍋島報效会所蔵   
精煉方で製作した蒸気船の雛型をもとに「凌風丸」を建造した

 1859年に長崎海軍伝習所が閉鎖されると、佐賀藩は海軍の伝習を本格化させるため、前年に開設していた「御船手稽古所」(三重津海軍所の前身)から「海軍稽古場」を拡張、その後、「御修覆場(ドライドック)」と「製作場」を整備した。製作場では、オランダから購入した蒸気船「電流丸」の交換用ボイラーを製造。また、石川島造船所が幕府の砲艦「千代田形」の製造を行った際には、佐賀藩が製作場でボイラー部分の製造を請け負った。さらに、ここでは船の修理以外にも建造を 行っており、1865年には国内初の実用蒸気船「凌風丸」を完成させた。
 このように佐賀藩が三重津海軍所で行ったことは、長崎との繋がりなくしては成し得なかったのである。

【WEBサイト限定】
本誌ではご紹介できなかったこぼれ話を公開!

佐賀藩念願の蒸気船は幸運の船!?

 長崎海軍伝習所において、伝習のために用いられた蒸気船スンビン号(のちに「観光丸」と改称)。「長崎海軍伝習所絵図」にも黒煙を上げる外輪蒸気船として描かれている。長崎海軍伝習所の開設より前に長崎で予備伝習が行われた際、10代佐賀藩主・鍋島直正がお忍びで乗船し、視察。直正はこれをいたく気に入り、佐賀藩は蒸気船1艘をオランダに発注する。1858年、ついにその船、ナガサキ号がオランダから長崎に到着。佐賀藩はこれを受領し、「電流丸」と名付けた。佐賀藩にとって念願の蒸気船の入手。長崎に入港したのは1858年10月9日で、11日には藩主直正が自ら乗船し、船内を一覧したという。長崎から佐賀に帰った直正はその日に長女・貢姫に書簡をしたため、「それはそれは飛び立つように嬉しく存じ参らせ候」と喜びを表現している。
 また、電流丸は海軍技術の伝習という本来の用途だけでなく、佐賀藩の鉄製大砲の大量鋳造に関しても実は重要な役割を果たしたという。佐賀藩が鋳造した鉄製大砲は、藩の科学技術力の高さによるところではあるが、原料も重要な要素である。当時は砂鉄を原料とした銑鉄を作り、それを溶融し鉄鋳型に流し込んで砲身を鋳造していたが、質のよくない銑鉄は砲身破裂の原因となり幾多の失敗を繰り返していた。ところが、電流丸がオランダから回航されてきた時、艦内にバラスト(重心を下げて帆走を安定させる重量物)としてオランダ産の銑鉄が大量に積み込まれていたのである。1859年、試しにこれを反射炉に掛けてみたところ、見事に溶解して上質な鋳鉄が出来たという。原料に輸入銑を使ったことは、佐賀藩が薩摩や水戸などの他藩を大きく引き離して砲身破裂を起こさない良質な鋳鉄砲を大量生産できた大きな要因と言えるだろう。

一覧へ戻る

三重津-発見旅