2015年にユネスコの世界遺産リストに登録された、23の構成資産から成る「明治日本の産業革命遺産」。
おおまかに「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」の3分野に分けられるが、製鉄と造船で転機となったのが、佐賀藩における鉄製大砲鋳造への飽くなき挑戦と三重津海軍所での実用蒸気船の建造である。
茂木健一郎さんとダグラス・ウェバーさんが、それぞれの立場から三重津海軍所跡の世界遺産としての価値を探った。
2015年にユネスコの世界遺産リストに登録された、23の構成資産から成る「明治日本の産業革命遺産」。
おおまかに「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」の3分野に分けられるが、製鉄と造船で転機となったのが、佐賀藩における鉄製大砲鋳造への飽くなき挑戦と三重津海軍所での実用蒸気船の建造である。
茂木健一郎さんとダグラス・ウェバーさんが、それぞれの立場から三重津海軍所跡の世界遺産としての価値を探った。
茂木 健一郎さん

茂木 健一郎

脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程終了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を出て現在に至る。専門は脳科学、認知科学。
ダグラス・ウェバーさん

ダグラス・ウェバー

アメリカ・カリフォルニア出身。スタンフォード大学在学中に交換留学生として京都大学へ。卒業後、奨学金を得て九州大学へ留学した後、帰国。アップル社のプロダクトデザインエンジニアとして中枢で活躍。現在は日本で株式会社KAMAKIRI COFFEEなどを運営。

対談に先駆けて…

 三重津海軍所跡に到着した茂木さんとウェバーさん。早速、屋外に出て、遺構がある場所を見学することに。川沿いの公園は見学コースが整備されており、案内を聞きながら、幕末当時の佐賀藩の人々と同じ目線に立って見学をしていく。

三重津海軍所跡(屋外)を見学する二人  現存する日本最古の木製の西洋式ドックがある場所へ、と案内された二人。辺りを見回すが、それらしき施設は見当たらない。それもそのはず、遺構があるのは河川敷の土の下。「え、ここですか?」と茂木さん。二人の足元には、巨大なプレートが敷かれており、そこには発掘調査で発見された地下遺構の写真が貼られている。
 「これは実寸大ですか?実際にこの場所に立つとかなり大掛かりな建設工事によって作られたものだとわかりますね」。当時の建築技法に興味を持つウェバーさんも、足元に眠る遺構に関心が高まる。

 西洋の軍艦や鉄製大砲などを製造する科学技術を目の当たりにし、日本にとって大きな脅威となると考えた佐賀藩は、鉄製大砲の製造のため、藩内に製鉄設備である反射炉の建造に日本で初めて成功すると、蒸気船を建造し、西洋式軍隊を組織するために、ここ三重津に海軍所を開いた。茂木さんたちが立っているのは、まさにその中枢。船着き場を早津江川に築き、川の水を引き込む木組みのドライドックを建設した。西洋で一般的に造られていたドライドックは、護岸の掘削工事から始め、ポンプでドック内に送り込んだ水の浮力を利用して船を上げ下げする。しかし有明海へとつながる早津江川は干満の差が最大6メートルと大きく、ポンプで水を送り込んだり排水を行わずとも、時間が経過すれば自然と船底が露出し、また時間が経てば水が増えて浮上する。
「掘削工事をしなくても、この地形と自然の力があれば、ドライドックの役割を果たすことができるわけだ。佐賀の自然のことを熟知していたからこそ三重津に海軍所の開設が可能だったんですね」「有明海の特殊な自然環境を利用する。
 まさに佐賀ならではの科学技術ですね。現在ここに立つ私たちも、当時の彼らと同じ地形を目の当たりにできるのは嬉しい」。

図解「干潮・満潮でのドライドックの様子」

 

スペシャル対談第2弾 三重津海軍所跡で歴史の真髄を想像する

[スペシャル対談 第2弾]三重津海軍所跡で歴史の真髄を想像する

茂木氏

僕は佐賀にはもう何度も訪れていて、その度に感じていたんだけど、今回初めて三重津海軍所跡を自分の目で見てみて、とても純粋な志があって造られた施設なんだと思いましたね。

ウェバー氏

純粋な志、というと?

茂木氏

三重津海軍所を造った理由も、科学技術を高めたのも、全部「国を守る」という純粋な志なわけでしょう。なんだか精一杯で儚げなんだけど、それが純粋でいいと思うんだよなぁ。

ウェバー氏

なるほど。今日見てきた、干満の差を利用したドライドックもそうだけど、西洋式科学技術の情報も材料も無い中で、自分たちの知識を組み合わせることで、ゼロから物を作っていこうという。

茂木氏

言ってしまえば、最先端とは逆を行くかなり原始的な技術だと思いますよ。自然の力と技術を組み合わせるというのは。ウェバーさんは、有明海のような干潟の海って初めて見たでしょう。
びっくりしなかった?(笑)

ウェバー氏

びっくりしました(笑)。僕はカリフォルニア出身で、海といえばサーフィンするような海だったから。有明海の干満差を利用する方法は原始的かもしれないけど、でも現代のものづくりの世界でも、ハイテクをローテクが上回ることはよくあること。
使う道具まで自分たちで生み出していくようなものづくりのやり方は、ゼロから物が生まれていく過程を自分の中に構築できるわけです。そういうエンジニアは、強いですよね。現代なら世界中どこに行っても仕事ができる。幕末期の三重津海軍所には、そうしたエンジニアたちがいてものづくりをやっていたんだと思うと、興味深いですよ。

茂木氏

そうだよね。よく佐賀の人が「三重津海軍所跡は目立つものがない」と言うんだけど、どんな人たちが、どんな暮らしをして何を考えて生きていたのかって、想像をするしかないわけですよ。
天守閣が立派なお城があるのもいいけど、この場所にいたエンジニアたちが何を作りたかったのかを想像できる遺跡って、僕はとても重要だと思う。ドライドックの木組みが腐敗せずに現存している三重津海軍所跡だから、その姿を想像できるわけでしょ。
「想像力を通して歴史の真髄を知る」。歴史展示の王道だと思いますよ。

 

本誌ではご紹介できなかった対談内容をご紹介!
WEBサイト限定 対談追加版

アジアとの交流のゲートウェイとなる九州
その要となる三重津海軍所のストーリーが面白い

茂木氏

振り返ってみると、九州ってすごいよね。海外との交流が制限された時代、唯一の国際貿易港となった長崎・出島があって、そこを佐賀藩と福岡藩が警護し、様々な物や技術が長崎街道を運ばれて佐賀を通り小倉から全国へと向かった。歴史の一部分だけ見ても、日本のゲートウェイとしての役割を果たしている。

ウェバー氏

現代でも海外交流、特にアジア各国との交流に関してはゲートウェイとして九州は重要な地域ですよね。

茂木氏

文化交流もそうだけど、経済的交流は今後さらに盛んになっていきますよ。

ウェバー氏

実際に私も福岡・糸島を拠点にしてコーヒーマシンの開発を手掛けていますが、製造は台湾の工場が行っているんです。

茂木氏

そうそう、よく来んさった(笑)。九州がゲートウェイとしての役割を果たすことによって、ウェバーさんのような優れたエンジニアが拠点を置くことも増えていくでしょうね。そこで歴史を振り返ってみると、三重津海軍所の存在は九州が担ってきたそうした役割を語る上での大きなポイントとなるんじゃないかな。これからの成長著しいアジア経済と日本がどのように関わっていくべきか、現在の三重津海軍所跡はそれを読み解くストーリーの要だと思います。

ウェバー氏

世界遺産登録に必要な“普遍的価値”として、「明治日本の産業革命遺産」は非西洋国で初めて近代化に成功したことが挙げられているんだけど、そこにはゲートウェイの役割を果たした九州の存在が不可欠だったはず。近代化のターニングポイントとなった三重津海軍所も、当時の世界情勢を冷静に見ていた佐賀藩だから誕生した、ありそうで他にはない存在ですよね。

 

2月号(1月15日発行)の内容

実際に三重津海軍所跡の資料館や展示を見学した二人。未来の子どもたちに三重津海軍所跡のことを伝えていくためには、どのような伝え方をすべきでしょう。それぞれのアイデアを聞きます。

一覧へ戻る

モデルコース

三重津-発見旅