2015年にユネスコの世界遺産リストに登録された、23の構成資産から成る「明治日本の産業革命遺産」。
おおまかに「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」の3分野に分けられるが、製鉄と造船で転機となったのが、佐賀藩における鉄製大砲鋳造への飽くなき挑戦と三重津海軍所での実用蒸気船の建造である。
茂木健一郎さんとダグラス・ウェバーさんが、それぞれの立場から三重津海軍所跡の世界遺産としての価値を探った。
2015年にユネスコの世界遺産リストに登録された、23の構成資産から成る「明治日本の産業革命遺産」。
おおまかに「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」の3分野に分けられるが、製鉄と造船で転機となったのが、佐賀藩における鉄製大砲鋳造への飽くなき挑戦と三重津海軍所での実用蒸気船の建造である。
茂木健一郎さんとダグラス・ウェバーさんが、それぞれの立場から三重津海軍所跡の世界遺産としての価値を探った。
茂木 健一郎さん

茂木 健一郎

脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程終了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を出て現在に至る。専門は脳科学、認知科学。
ダグラス・ウェバーさん

ダグラス・ウェバー

アメリカ・カリフォルニア出身。スタンフォード大学在学中に交換留学生として京都大学へ。卒業後、奨学金を得て九州大学へ留学した後、帰国。アップル社のプロダクトデザインエンジニアとして中枢で活躍。現在は日本で株式会社KAMAKIRI COFFEEなどを運営。

対談に先駆けて…

 実際に西洋式ドライドックが土に埋まっている場所や早津江川の流れを見学した二人。今度は隣接する「佐野常民記念館」に移動する。ここには、製煉方や三重津海軍所で重要な役割を担った佐賀の偉人・佐野常民についての資料に加え、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」および三重津海軍所跡に関する展示がされている。

 三重津海軍所跡の外郭から知ろうと、二人は記念館1階に設置された「みえつドームシアター」へ。直径6メートルの大きなドーム型シアターの中に入ると、プラネタリウムのように視界一杯に広がるのは創設当時の三重津海軍所を再現した映像。臨場感あふれる映像で、幕末期の三重津へとタイムスリップしたところで、模型展示などを見て解説を聞き、二人は三重津海軍所跡について深く探究していく。

「みえつドームシアター」で映像を観る二人

 「さっきのドームシアターの映像を見てから展示物を見ると、三重津海軍所跡の全景が分かるから余計興味が持てますね。説明パネルだけ見ても、実際にどれくらいの大きさだったかイメージするのは難しいよ」と茂木さん。ウェバーさんは、精巧に作られたドライドックの模型を真剣な眼差しで見ながら、案内役の解説員に実際にどのような製法・手順で作っていたのかを尋ねる。「この丸太を組み合わせた製法は、佐賀城本丸歴史館で見た床下の構造に似ていますね。日本の在来技術を使ったというのが、よくわかります」と納得した様子。

ドライドックの解説に耳を傾ける

 三重津の土壌が水を多く含んだ湿地で、さらに有明海に繋がる早津江川の水流が淀みなく流入することで、150年以上もドライドックの木材が腐敗せずに残ったのだと聞いて驚きの声が上がる。最後にテラスへと出た二人は、「みえつSCOPE(VR機器)」を装着して早津江川と三重津海軍所跡を見る。そこには、佐賀藩の技術者たちが作り上げたドライドックと軍艦が眼前に浮かび上がっていた。

「みえつSCOPE」を装着して3階テラスから三重津海軍所跡を眺める。遺構の上(公園)を実際に歩きながら見るポイントも

 

スペシャル対談第3弾 三重津海軍所跡を未来へ語り継いでいく

[スペシャル対談 第3弾]三重津海軍所跡を未来へ語り継いでいく

茂木氏

今日見学してみて、様々な展示の仕方をしているんだなと感心しましたよ。

ウェバー氏

ドームシアターもよかったけど、VRの映像の作りこみが細かくて驚きました。映像が360度あるから自分で顔の向きを変えて好きな方向の映像を見ることができるんだけど、洋式船の船底の修理をしていたり、砲術の訓練をしたり、実際に人が働いていたということを想像すると楽しかったです。

茂木氏

前回も話したけど、歴史資料館とかこうした施設では、見る人に事実を教えるだけでなく、当時の人々の存在を想像させる教材も重要なんですよね。その時代に入り浸っているような体験ができたら、知ろうという意欲が湧いてきますから。
ウェバーさんは、今後佐賀県がこの三重津海軍所跡をどのように未来に伝えていくべきだと思う?

ウェバー氏

今回初めて三重津海軍所跡を訪れてみて感じたんだけど、佐賀藩の藩力…、ここで語られている造船や製鉄のことだけではなくて、医学や政治のシステムなど、同じ時期に成熟期を迎えていたんだと思います。佐賀城本丸歴史館に行って日本で最初に予防接種を導入したことを知ったんだけど。
だから三重津海軍所だけでなく佐賀城や反射炉跡など周辺の史跡に関連する歴史を探していくことで、ストーリーを繋いでいくと興味が湧くんじゃないかな。

茂木氏

確かにそうですよね。医療・政治・建築・教育などのすべてが揃っていた佐賀だからこそ、日本への貢献度も高かったんだと思う。

ウェバー氏

三重津海軍所で言えば、当時の技術者が使っていた道具なんかも展示されていたら面白いだろうなと思いますね。茂木さんはどう?

茂木氏

僕は、三重津海軍所跡が世界遺産に登録された普遍的価値・世界的価値についてもっと発信していく必要があると思いますね。日本人はお祭り好きだからさ、「世界遺産登録、すごい!」で終わっちゃうんだけど。
本当に大事なことは、世界遺産に登録されるために研究者たちが必死に集めた歴史の事実と、普遍的価値にあるわけです。それをきちんと発信することで、多くの人の興味を掻き立てるだけでなく、佐賀県の子どもたちの誇りにも繋がっていくと思います。

 

本誌ではご紹介できなかった対談内容をご紹介!
WEBサイト限定 対談追加版

結ばれる歴史のストーリー
三重津海軍所跡を知ればもっと面白い。

結ばれる歴史のストーリー 三重津海軍所跡を知ればもっと面白い

茂木氏

世界遺産登録を行う上で、ユネスコ内部では、「人類にとって普遍的価値のあるものは何か」というのを常に模索しているんです。
例えば建造物。ヨーロッパ的な価値観で言えば何百年の時を経ても昔のまま現存している石造りの建物に価値を見出すことが多かったわけだけど、京都や奈良の文化財が世界遺産登録されたとき、建て替えが行われる木造建築物にどう価値を付けるかということが議論されたんですよ。
「世界遺産に登録されました、万歳!」で終わるんじゃなくて、どのような部分に価値が見出されたのかを分かりやすく伝えていくことが重要だと思います。

ウェバー氏

たしかに、価値観というのは時代や地域によって変化するものですし、「人類にとっての普遍的価値」を見出すというのは難しいことかもしれません。
しかし、それを分かりやすく展示することで、誰が訪れてもその価値に共感できるのかもしれません。

茂木氏

三重津海軍所跡を構成資産に含む「明治日本の産業革命遺産」がシリアル・プロパティ(関連性のある遺産群)として登録されている意味、構成資産を線で結ぶことにより浮かび上がるストーリーを理解するのが面白いよね。

ウェバー氏

現役で稼働している資産を含んだシリアル・プロパティは、1つでも欠けるとストーリーを伝えることができないから、より保存が難しい世界遺産ですよね。
今回、三重津海軍所跡を知ったことで、他の山口や福岡、鹿児島などの構成資産とどのように繋がっていくのかとても興味が湧きました。実際に行ってみたいなという衝動に駆られます。

茂木氏

三重津海軍所跡は産業革命遺産のストーリーの重要部分だから、ここを押さえた上で他の構成資産を見に行くと、より興味が湧きそう。

ウェバー氏

それから、ドライドックを作るため木を組み上げていく土木技術が優れていたというのを知ったんだけど、どのような道具が使われていたのかも興味があります。
また反射炉など独自の技術が後世で応用されたものは無かったのか…?知れば知るほど、面白くなりますね。

■三重津海軍所跡の調査により発掘された遺物

 三重津海軍所跡では、これまでの調査において、造船に必要な細やかな部品が発掘されています。これらの遺物から、職人たちが日本の伝統的な技術を用いながら、洋式船の部品を作っていたことをうかがい知ることができます。

蒸気船ボイラーの鉄板をつなぎ合わせるためなどに使われたリベットやボルト1 蒸気船ボイラーの鉄板をつなぎ合わせるためなどに使われたリベットやボルト2

蒸気船ボイラーの鉄板をつなぎ合わせるためなどに使われたリベットやボルト

船部品等の製作に使った道具(左:坩堝 中:羽口 右:鋳型)

船部品等の製作に使った道具
左:坩堝(金属を溶かすための耐熱性容器)
中:羽口(金属を溶かすため風を送り込む装置の一部)
右:鋳型(溶かした金属を流し込む型)

左:蒸気ボイラー製作場「釜場」との関連性が考えられる職人を識別する木札 右:職人の名前と思われる「佐平」の文字が書かれている木札

左:蒸気ボイラー製作場「釜場」との関連性が考えられる職人を識別する木札
右:職人の名前と思われる「佐平」の文字が書かれている木札

一覧へ戻る

モデルコース

三重津-発見旅